MENU

癌患者の食べ物で悪いものを知る!【崇高クリニック】で実践・断糖食

癌患者の食べ物で悪いものとは?

 

がんになり、闘病後に復帰される方や、残念にもお亡くなりになる方など、テレビを見ているとたくさんいらっしゃいます。

 

がんで亡くなった身内が数名います。
食事療法をあれこれと試したりして、家族もいろいろと大変でした。

 

癌になる食べ物(悪いもの)はいろいろと言われています。
たとえば、魚や肉の焦げはいけないとか、肉食の人は大腸がんになりやすいとか、塩気の多い食べ物は胃がんになりやすいとか・・・

 

では、癌になってしまったらどうすればいいのでしょうか?
癌患者の食べ物で、悪いものとか良いものとか、あるのでしょうか?

 


【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

 

 


 

 

癌の食べ物で悪いものとは?

癌と診断されると、手術、抗がん剤、放射線による治療が一般的です。

 

いろいろと手を尽くしたけれど改善しない、効果がないという方や、再発が心配な方、末期がんと診断されて積極的な治療法がほぼないという方に、お知らせしたい食事療法があります。

 

この食事療法をおすすめしたい方

癌 食べ物 悪い

 

自分がガンであるという現実を受け入れるのには時間を要します。
本当に辛い期間だと思います。

 

受け入れがたい現実を受け入れて、前向きに生きようとされる方がたくさんいらっしゃいます。

 

もし、あなたが、私がお知らせしたい食事法を本気で実践してくださるのであれば、あなたの人生は間違いなく良い方向へ向かい始めることになるでしょう。

 

どうか希望を持ってください。

 

ガン治療 三大療法

ガン治療の三大療法とは、「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」のことです。

 

実は90%以上のガンに対して、抗がん剤は必ずしも有効とは言えないのが事実です。

 

放射線治療にも、放射線がよく効くガンと効きにくいガンがあります。
つまり、放射線治療だけで完治させられるガンはほんの一部にしか過ぎません。

 

手術に関していえば、転移もなくガンを一度にすべて切除できるのであれば、手術で治る可能性は高いです。
しかし、多くの場合、微小転移が起こっていますし、血管やリンパ管からガン細胞は全身に散らばっています。

 

いずれの治療法でも完治できるガンは全体のほんの一部にしか過ぎません。

 

完治できないどころか、非常に強い副作用に苦しめられたり、QOL(生活の質)を落とすような後遺症を患ってしまったりすることさえあります。

 

三大療法はガン治療の基本として、あたりまえのように提案され、疑いもなく行われる治療法です。

 

しかし、医師に言われるがまま安易に治療法を決めるのではなく、今一度自分自身でよく考える必要のある治療法なのです。

 

代替療法

三大療法の他に代替療法と呼ばれる治療法がいくつかありますが、ガンが治るという絶対的な治療法として確立されているものはありません。

  1. 遺伝子治療
  2. 免疫療法
  3. 温熱療法
  4. 理学療法
  5. マッサージ療法
  6. 運動療法
  7. 心理療法と心身療法
  8. 健康食品・サプリメント
  9. 鍼・灸

 

ガン治療は経済的負担が大きい

抗がん剤や内服薬などの医療が高すぎて、治療を受けられない方もいらっしゃいます。
たとえ保険が適用されても、自己負担額はかなりの高額になります。

 

全額が自己負担となる先進医療はかなりの高額です。

 

ガン治療に用いられる重粒子線治療は約300万円、陽子線治療は280万円以上かかるとされています。
当然、高くて治療を受けられない患者さんは少なくありません。

 

大切なことは、まずはガンについてよく知ることです。

 

がんの性質や特徴、原因、治療の選択肢、治療の効果、治療のデメリット、治療期間など、徹底的に調べてみることが大切です。

 

医師に言われるままに治療法を選択したりするのではなく、ポジティブな見解とネガティブな見解の両面からできる限り正確な情報を集め、その上で、自分で正しいと思う治療法を選択するべきです。

 

自分で徹底的に調べて、自分で正しい情報を入手して、自分で治療法を選択する必要があります。

 

癌(がん)に関する正しい知識

『PET検査』(陽電子放射断層撮影)

 

PET検査は、“ガン細胞が正常細胞に比べて16〜18倍のブドウ糖を取り込む”という性質を利用しています。
ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射して、しばらくしてから全身をPETで撮影します。
するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところが分かり、ガンを発見する手がかりになるという仕組みです。

 

ガン細胞が正常細胞に比べて16〜18倍のブドウ糖を取り込む

正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。
ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。

 

そして、異常なスピードでどんどん成長していくガン細胞は、正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。
つまり、ガン細胞は“糖”がなくては生きていけません。

 

ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てば、ガンの成長は止まり、ガン細胞は死滅するのでは?
ガンは糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。
その糖(ブドウ糖)の供給を止めてしまえば、ガンを殺すことができるのです。

 

理論上、ガンを消すことは決して難しいことではありません。
ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てばガンを殺せるのです。

 

ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断つという食事法が、今回お知らせしたい食事法なのです。

 

この食事法は“糖”を“断つ”食事、すなわち『断糖食』と呼ばれています。

 

癌 食べ物 悪い

 

 『断糖食』の有効性を証明する食文化

伝統的な食文化を守っているエスキモーにガンはありません。
エスキモーの伝統的な食文化とは狩猟によって得た生肉が中心になります。
気候上農業は不可能なのでほとんど穀物を食べることはありません。

 

米や麦や野菜や果物などのような穀物は、「炭水化物」に分類されます。
「炭水化物」=「糖質」と認識してもらって大丈夫です。

 

アフリカのサバンナに暮らすマサイ族の食文化も、狩猟をした動物の肉が中心になります。
マサイ族は農耕をしませんので、穀物はほとんど摂取しません。
つまり、マサイ族も“糖”を摂取しない為、ガンにならないのです。

 

モンゴルの草原に暮らす遊牧民の伝統的な食文化は、家畜の肉や乳製品が中心です。
遊牧民も農耕をしないので、穀物はほとんど摂取しません。
つまり、モンゴルの遊牧民も“糖”を摂取しない為、ガンにならないのです。

 

『断糖食』は、エスキモーやマサイ族やモンゴルの遊牧民たちが守っている伝統的な食文化と根本を同じにします。

 

だから、ガンが改善される可能性が極めて高く、生活習慣病やその他の病気という病気もほとんど良くなってしまいます。

 

玄米菜食について

癌 食べ物 悪い

 

玄米菜食はガンをはじめさまざまな病気の原因となっている“糖”を多量に摂取します。
さらに、人間が欠かすことのできない必須栄養素の摂取があまりにも不十分です。

 

玄米菜食は、ガンに大量の餌を与えて体内で大切に育てているようなものです。

 

人間が食物からの摂取を欠くことのできない栄養素に、8種類の“必須アミノ酸”と2種類の“必須脂肪酸”があります。

 

これらの栄養素は、動物や魚介類に多く含まれていて、炭水化物にはほとんど含まれていません。
玄米菜食では、動物や魚介類は摂取せず、炭水化物ばかり摂取しますので、栄養バランスが非常に悪くなります。

 

『断糖食』では、ガンのエネルギー源である“糖”は摂取しません。
さらに、“必須アミノ酸”と“必須脂肪酸”をしっかり摂取するので、免疫力も高まり病気に対して強い体になります。

 

『断糖食』では、その他にもビタミンやミネラルなど必要な栄養素はすべてバランスよく摂取します。
何かの栄養素が不足したり偏ったりするような食事法ではありません

 

【荒木式】断糖食とは、ガンのエネルギー源である“糖”を断ち、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”をしっかり摂取して免疫力を上げる食事法です。

 

【荒木式】断糖食を実践して頂ければ、QOL(生活の質)を高く維持しながら、延命効果を最大化させ、人生を最期まで自分らしく生きられる可能性があります。

 

三大療法の副作用や後遺症に苦しみながら、寝たきりで最期を迎えることを思えば、その違いは歴然です。

 

癌の食べ物で悪いものとは? まとめ

このプログラムは、崇高クリニックでガン対策として指導している【荒木式】断糖食を自宅で実践できるようにしたプログラムです。

 

崇高クリニックに入院するのと同等の効果を期待できます。

 

食事法の理論的な事や具体的な実践方法などのすべてをDVD(動画)と冊子にまとめた、自宅で【荒木式】断糖食を実践して頂けるプログラムをご紹介します。

 

まずはプログラムに参加して、ぜひ、この食事法を試してみてください。

 

今回の食事法の最大の目的は、“自分の人生を自分らしく生き抜くこと”です。

 

私たちは、【荒木式】断糖食が最も可能性のあるガン対策法だと考えていますので、あなたにこの食事法をおすすめします。

 

プログラムに参加して頂ければ、少なくとも、ドクター荒木のガン理論について知ることができますし、新たな治療法の選択肢が増えます。

 

【荒木式】断糖食は、元来人間がしていた食事法です。
人間の体に最も相応しい食事法を復元しているだけですので、悪影響を及ぼすようなことはありません。
むしろ、その効果に期待して頂ければ幸いです。

 

(留意点)
※現在、腎臓に持病をお持ちでタンパク制限を受けていたり、透析で食事制限をされていたりする場合は、主治医と相談されることをお勧めします。

 

通常、この食事法は、兵庫県にある私たちのクリニックで2〜4週間の指導入院の中でお伝えしています。
しかし、クリニックへ入院すると、入院費、治療費、交通費、諸費用などでそれなりのコストが必要になります。

 

今回のプログラムにご参加頂ければ、自宅にいながら崇高クリニックへ入院するのと同等の効果を期待できます。

 

初回アクセスから【7日間限定】の特別価格
通常価格の40%OFF(20,000円引き)

 

参加費:29,800円 (ダウンロード版)
全額返金保証制度あり

 

 


【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜